Chaîne Youtube
Page Google +

  • Bulles de Champagne dans une bouteille
  • 持続可能な品質を支える伝統と技術

    ピエール・デテュンヌは、ブドウ畑のブドウの木と土壌の変化を見守りながらスタッフを導いています。彼はアンボネイ村のブドウ栽培改善にも積極的に努め、メゾンでは優れたワインを持続的に生産するための設備投資を継続的に行っています。

    ピエールとソフィー・デデュンヌは、シャンパーニュの品質を考慮し、年月をかけて伝統と技術の融合した設備を備えました。

    • ピエールは、家業を引き継いで間もなく、1990年に空気圧搾機を導入することでポールから受け継いだ遺産を近代化しました。また、温度管理の出来る大樽タンクとオーク樽も揃えました。毎年205ヘクトリットル樽を2~4樽、トヌルリ・ド・シャンパーニュより調達しています。彼自身が熟成を行い、新しい香りの複雑味を生み出しています。

      Tonneau de Champagne

    • 1999年には、ピエール・デテュンヌは持続可能なエネルギーを生産したいと考えていました。その5年後、シャンパーニュ地方のパイオニアとして、太陽光発電パネル54㎡を備えました。パネルの設置により、消費電力の20%をまかなっています。また、雨水の再利用で水の使用量を20%削減しています。

      Panneaux solaires exploitation Champagne